iamaheroのブログ

iamaheroのブログ

オーストラリア在住者が書くブログ

MENU

【オーストラリアの紫外線強度】日本の日差しとのデータ比較


スポンサードリンク


オーストラリアの日差しは日本よりも強いのか?

今回はタイトルの通り、オーストラリアと日本の日差しを可能な限り正しいと思われる方法で比較したい。

この記事で行うデータ比較から得られる結論を先に記す。

------------------------------
夏場の『各月のUV最大値』の比較からは、
・オーストラリアのほうが日差しが強いといえる
・『オーストラリアの日差しの方が日本より〇倍強い』という、ネット記事で見られる主張は裏付けられない

------------------------------

日差しのデータ比較をおこなうことにした理由は、オーストラリアの日差しについて以下の主張をするWeb上の記事が散見され、実際に自分でも信頼に値するデータを用いた比較を行いたいと思ったからである。

▼▼▼Webの記事の主張▼▼▼
 1.オーストラリアの日差しは日本の5~7倍ある
  問題点:数値に基づく明確な根拠なし

 2.オーストラリアの日差しが日本の○倍というのはうそ:日差しの強さはほぼ変わらない
  問題点:用いている数値データに主張のための根拠が不足している

▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ 

1つ目の「日差しが日本の〇倍」という主張に対する反論は、「日差しが日本の〇倍というのはうそ」と主張をする記事内でも述べられており、私は完全に同感である。数値データに基づく比較が必要と考える。

むしろ今回の私の反論は、2つ目の「日本とオーストラリアの日差しの強さはほぼ変わらない」という主張に対するものだ。というのも、この主張をするいくつかの記事で引用している資料をしっかり確認してみたところ、あることに気づいたからである。

実際に引用されている「世界保健機関(WHO)が発表しているUV指数(※)に関する下記のデータ」を見てみたい。

※UV指数:紫外線の健康への影響・危険度を数値化したもの(概ね、値は1~11の間で表されるようだが、11以上になる場合もある)

f:id:kiyoping:20190603212513p:plain

WHOウェブサイトより引用 月別UV指数 都市間比較表

この表だけでみると、確かに一見、日本の夏とオーストラリアのシドニーメルボルンの夏のUV指数はほぼ同程度と見受けられる。特に、緯度がJapan(Tokyo)に近いAustralia(Melbourne)、Australia(Sydney)の値については、日本とは逆の半球にあり季節が逆であることを除けば、ほぼ同じような数値に見える。しかし、この値がどういう統計値なのかしっかり確認する必要がありそうだ。表上部の記載を読むと、各月の21日に対して算出したUV指数の最大値を記しているとのこと。

 f:id:kiyoping:20190603212317p:plain
 図.表上部に記された当該表についての説明
 【日本訳(意訳)】下記テーブルは、季節及び緯度とともにUVレベルの変化を示している。複数の国の広範囲にわたる都市を対象に、各月の21日に対して最大UV指数の値を算出している

つまりこの値は、月ごとの日平均のように「各月の傾向」や「日ごとの値のばらつき」を考慮したものではないようである。というのも、上記太字部の記載から推測するに、この表は季節変化と緯度によるUVの”大まかな傾向”を示すものであり、都市間のUV指数の強さを適切に比較する意図で作られた資料ではないのだ。

極端な例えでは、ある月の21日にシドニーの天気が大雨だった場合、算出されるUV指数が低くなり、その月内で最も低い値が示されている可能性さえあるといえる。

都市間の比較をより適切に行うために、私は下記Weather Atlasというサイトを参照することとした。ここでは、各月のUV指数最大値の平均(恐らく各月における『最大値の日平均』の年平均)を参照することが可能である。

今回は、下記都市の値を比較したいと思う。
東京 https://www.weather-atlas.com/en/japan/tokyo-climate
大阪 https://www.weather-atlas.com/en/japan/osaka-climate
シドニー https://www.weather-atlas.com/en/australia/sydney-climate
アデレード https://www.weather-atlas.com/en/australia/adelaide-climate
パース https://www.weather-atlas.com/en/australia/perth-climate
ダーウィン https://www.weather-atlas.com/en/australia/darwin-climate

要約すると、下記表にまとめられる。

f:id:kiyoping:20190423170906p:plain
図.月別UV指数 都市間比較

 ※緯度の値は下記ウェブサイトから引用 各年の緯度経度リスト
  List of cities by latitude

要約した表を見ると、UV指数11以上の値(WHOが極端に強いとしている値)を記録している月の数は、ここに挙げたオーストラリアの都市では、シドニーアデレード、パースで年3回、ダーウィンで9回である。一方の日本の都市では、東京で年0回、大阪で1回、那覇で5回である。

やはり緯度が低い那覇ダーウィンでは高い傾向にあるが、その他の緯度30~35°辺りの都市で比較すると、緯度による指数の違いはさほど無さそうだ。そしてそれらの緯度にある都市については、オーストラリアの都市のUV指数のほうが夏場は高いと判断して良さそうである。

このデータを見た上で、2つほど筆者なりの主張を記す。

1つは、夏場の月のUV最大値でみると、オーストラリアのほうが日差しが強いと言えるだろう。実際、筆者は2018年12月~2019年3月までの夏場をオーストラリアのパースという都市で過ごしたが、体感でもやはりオーストラリアの日差しのほうが強いと感じる。サングラス無しで日なたに出ると、5分ほどで頭痛が襲った。
これは日本の東京都心の夏では経験したことが無かったのでとても驚いたことを覚えている。パースの夏に、サングラスと日焼け止め(帽子もあるのが理想)は必須である。もちろん日本の夏でも日差し対策は同じくらい重要であろう。

2つ目は、『オーストラリアの日差しの方が日本より〇倍強い』という、ネット記事で見られる主張は、夏場の月における最大UV指数の平均の比較からでは裏付けられないことになる。噂が一人歩きしたのか、あるいは日本の冬場のUV指数とオーストラリアの夏場の値の比較から挙がった主張と考えられそうである。

 

以上、この記事ではネット記事に散見されるオーストラリアと日本の日差しの強さについて、筆者なりに適切なデータを用い、改めて比較してみた。そしてオーストラリアの日差しのほうが強そうだということを述べた。

関連記事:

kiyoping.hatenablog.com