iamaheroのブログ

iamaheroのブログ

オーストラリア在住者が書くブログ

MENU

洋楽を歌うことに期待できる効果 | 日本人のための英語習得Tips


スポンサードリンク


筆者個人的に、洋楽を歌うことは英会話力向上に非常に高い効果があると思っており、英語習得者に強くオススメしたいことである。

ここで言う『洋楽を歌うこと』のポイントとしては、

 

洋楽を聞くだけではなく歌うこと、

歌手と同じような発音を意識すること

 

歌全体を通して歌えるようになる必要はなく、歌の中でお気に入りの部分があったときに、その部分だけ歌えばよい。

得られる効果として下記が考えられる。

・発音を知る
・口と舌が鍛えられる
・語彙の習得

発音を知る

歌手と同じように発音することを意識することで、英語の発音を知ることができる。

私はここで、敢えて発音を『矯正する』や『習得する』と書いていないが、それには大きな理由がある。

 

この理由は、「英語の歌では、イギリス人歌手でもアメリカ英語の母音の発音になっている」という情報があるからである。

YouTuberのTwisted Helixさんの動画によるもので、非常に貴重な情報である。

 

この動画を見たあとに意識してイギリス人歌手の歌を聞いたら、確かにその通りに聞こえ、目から鱗だった。

youtu.be

こうした情報から、アメリカ英語を習得中の人にとっては、発音の習得・矯正に繋がると思うが、イギリス英語など発音を習得中の方にとっては、「アメリカ英語の母音の発音を知る」ことになるであろう。

 

発音の習得に繋がらないとしても、アメリカ英語の母音を知ることは英会話力の向上に非常に効果的だと考える。その理由は、アメリカ英語の聞き取りにおいて役に立つと考えられるからである。

テレビや映画等の映画ではアメリカ英語が話されているものが非常に多いので、アメリカ英語を聞き取る能力が向上することで損することはない。

 

筆者は、こちらの記事に記載した理由から、アメリカ英語ではなくオーストラリア英語を習得しているが、それでも歌手と同じように母音を発音できるように意識して歌っている。

口と舌が鍛えられる

歌手の英語を真似て歌うことで、口と舌が英語の発音やその速さに徐々になれてくる。


歌の中で好きな部分を真似ようとしても、最初は全く口と舌が回らないことが多い。しかし何度も繰り返し真似ようとすることで、徐々に改善されていき、最終的にはほぼ同じように歌えるようになる。

 

筆者の経験から、もちろん歌う頻度や難易度にもよるが、ある部分を歌手と同じように歌えるようになるまでだいたい数日~1週間かかる。この『真似る』ことを続けて行くことで、英語に特有な口と舌の動きが鍛えられるはずである。

 

そして、そうして鍛えられた口と舌によって、歌うときのみならず英語を話す際にも流暢に発音できるようになるだろう。

 

ここで、私が比較的流暢に歌えるようになった様子を紹介したい。

曲を聞いているときに、かっこいいと思っていた部分だったので、歌えるようになったときは非常に嬉しかった。歌えるようになったというのはどのような感じなのか掴んで頂くために、下記動画をご覧いただければ幸いである。
 ※動画も歌もクオリティが高くないですが、大目に見て頂ければ幸いです


海外在住者が洋楽を歌う - 発音の改善を目指して Japanese Guy Singing English Songs

語彙の習得

英語の歌詞から語彙を習得できるのは言うまでもない。繰り返し歌いながら歌詞を覚え、その意味も理解することで、語彙力が増えていく。

 

日本語の歌でもそうであるように、英語の歌でも歌詞に独特な表現が見受けられるが、もちろん日常生活でよく使われるような語句やフレーズもたくさん使われている。

 

実際、これまで歌えるようになってきた歌の歌詞を振り返ってみると、語句やフレーズが定着するのに役立ったはずだと思うものがたくさんある。

下記はほんの一例であるが、これまで歌ってきた歌詞にあるもので、かつ日常生活で口から出すことがある表現である。
ain't
run out of
look down on
put out fire
talk too much
brand new


以上、当記事では「洋楽を歌うことに期待できる効果」について記載した。

 

筆者が洋楽を歌うのは、主に車の中である。通勤する際、あるいは出かける際に、YouTubeでその時々にハマっている歌を流し、それに合わせて歌っている。

またシャワーを浴びているときや、職場で一人で作業するタイミングなどに、他の人に聞こえないくらいのボリュームでふと口ずさむこともある。

 

最後にお伝えしたいこととして、私はみなさんに、洋楽を歌うことを無理して続けたり習慣づけたりしてほしくない。

歌うことがあまり好きではない方や、試してみてこの方法では楽しめない方、苦痛を感じる方は、楽しみながら学べる他の習得方法に集中するのがよいと思う。

あくまで、洋楽を歌うことを楽しみながら継続できる人に強くオススメしたいこととして紹介させて頂いた。